新着順 / 登録順      新規投稿
[ 1 ]      1件中 1-1件
おすすめの本「13歳からの道徳教科書」
日本人は、多くの素晴らしい徳目を備えた国民であり、
先輩の日本人には偉大な方々がたくさんいたのだいうことを
知ることができる本です。
お子様と一緒にお読みになられることをおすすめ致します。

以下、本書編集の【道徳教育をすすめる有識者の会】
代表世話人の渡部昇一さん(英語学者、評論家、上智大学名誉教授)
の言葉を本書より引用致します。

* * * * * * * * * * * * * * *

子供はいい話、感激的な話が好きです。
子供にいろんな話をすると、「その人いい人?悪い人?」とすぐに聞いてきます。
子供は何が良いか、何が悪いかにとても敏感なのです。
だからそのような時期に、「こういう事が、良いことなんだよ」
と教えることが大事です。
そのためには、優れた人の話を読ませる、これが一番です。

(中略)

道徳教育の一つの道は、私たちが「美しい」と感ずるような話を
子供たちに伝えることではないかと思います。
健全な少年少女にとって、美しい、ためになる話は、同時に面白いのです。

(中略)

そこから子供たちが、国を愛する、家を愛する、親を尊敬するといった
基本的なことを身につけ、志を立て、それぞれの道で志を遂げること、
自分にあった成功の道があることを学んでほしいと思うのです。

(引用以上)


管理人 URL 2017年02月06日 19時43分05秒     
[ 1 ]      1件中 1-1件